パソコンをリカバリーしました。



10月26日にパソコンをリカバリーしました。


  Dドライブにパソコンの設定をしていたので、最初の設定をした時点まで戻してやると、25,5GBの空きが出来ました。ウィンドウズアップデートは、リカバリーしてすぐやったほうが良いとPC雑誌に書かれてあった。
  そこで、最新版の「ウィルスバスター2010」をインストールしてから、ウィンドウズアップデートをやってみたら、超~時間がかかる~~~ やっと終了したときには、5時間以上かかっていました。


  Cドライブの容量も大分減ってしまい、(「ウィンドウズ7」をインストールするには最低16GB必要らしい)ギリギリの空き容量になってしまいました。


画像



  2年前に購入したビスタパソコンを今は使っていますが、CドライブとDドライブを合わせても約110GB~120GBしかありません。アップグレードインストールするには、ウィンドウズビスタ用の「サービスパック1」が必要らしいけど、「サービスパック1」も私のパソコンにはインストールが出来ませんでした。何故だか原因がわかりません。


  外付けHDにはインストールが出来ないみたいだし、やっぱり新規インストールでやるしかないみたいです。
  新規でやるには、Cドライブで上書きインストールをやるらしいので、ファイルや設定などを「ウィンドウズ転送ツール」(オンラインで無料でダウンロードできる)を使って保存しておきます。保存する場所は、Cドライブだと「ウィンドウズ7」をインストールしたときに全部消えてしまうということらしいので、外付けHDに保存したほうがいいです。


以上、現時点で解ったところです。



・・・end

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック