ブラッディ・マンデイ Season2 (第4話)



  ブラッディ・マンデイ Season2 の第4話は、藤丸のバイト先の同僚である水沢響(ひびき)が藤丸に銃を突き付けるところから始まる。

  藤丸は、予想外の響の裏切りに動揺を隠しつつも、「何やってんだぁ・・・?」と声を上げる。


画像



  ちょうどそこへ折原マヤに拉致されたはずの音弥が現われて、藤丸の危機を救う。
  かつて、藤丸と同じバイト仲間だった響は、魔弾の射手のスパイだった。

だいたいのあらすじ


  テロリスト「魔弾の射手」が毒ガステロと引き換えに釈放要求した一人・永田が拉致された。永田の足取りを追う藤丸と音弥。そして永田が「第三の皇帝」の場所を知っている事が分かり、折原マヤと藤丸と音弥は、コンテナ集積場に行くが、そこに待っていたのはレディバードとビーストだった。絶対絶命の状況で3人は必死の抗戦も、折原はテロリストの銃弾を浴びる。

あらすじ内容終わり


  第3話を見逃してしまったので、いまいちはっきりしたことが分からないけど、いつの間にか音弥は折原マヤに協力していたし、サードアイの加納さんも味方についていました。
  藤丸は、まだ折原マヤを信用していなかったけど、永田が死んでしまったことで、藤丸がハッキングをして情報を得ようということになった。
  そして、「第三の皇帝」にたどり着くが、それはホーネットの罠だった。

  三人とも、テロリスト・ビーストに襲われる。そのとき、折原マヤがケガを負いながらも、藤丸と音弥を逃がす。
  最後に、「第三の皇帝」の正体を藤丸たちに告げ、「絶対に止めなさい」と言い放つ。


  それにしても、折原マヤが最後に藤丸たちを助けて死んでしまうなんてちょっと意外でした・・・
  最後は、仲間になってましたね。


・・・・end

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック