ブラッディ・マンデイ Season2 (第8話)



  ブラッディ・マンデイ Season2 の第8話は、いよいよスパイダーの正体が明らかになる。

  スパイダーの正体はいったい誰なのか 藤丸は思わず銃口を向けた。
  藤丸が銃口を向けている相手は・・・


画像


  藤丸が追っていたテロの首謀者、スパイダーはあの人だった衝撃の正体とは
  そして、原発ジャック、日本全土が人質、ミサイル発射準備完了栄光の扉が開くとき、日本再起動計画が完成する


だいたいのあらすじ

  ホーネット(神木隆之介)と某国の教授の証言により、日本人ハッカー・スパイダーの存在が明らかになった。「ずっとファルコンを見ていた」「ファルコンの知り合い」というスパイダーは誰なのか?移送途中にテロリストに拉致されたJ(成宮寛貴)と南海(芦名 星)の行方は知れず、藤丸(三浦春馬)と響(黒川智花)はスパイダーの「一緒に遊ぼうよ、藤丸君」という挑発を受け、高速増殖炉へと向かう。そこは、難攻不落の要塞と化した施設であった。

  テロリストたちの日本再起動計画は、施設の「栄光の扉」を開き、「皇帝の心臓」をセットして、「聖なる行進」を待つことであった。施設に潜入した藤丸は終に姿を現したスパイダーと対面する・・・!

  物語はいよいよクライマックスへと突入する!

あらすじ内容終わり



  物語の最後まで「スパイダー」の正体、誰なんだろう・・・って、思って見ていたけど、全然意外な人物でした。
  まさか、あの優しい倉野先生(満島ひかり)だったなんて・・・

  南海さんがスパイダーに銃口を向けているとき、「ファルコン、私を信じろ」って言葉をかけたのに、藤丸は咄嗟に南海さんに銃口を向けて・・・
  結局、南海さんはテロリスト・モスキートに撃たれてしまう。

  倉野先生は、藤丸に銃口を向けると、「この女は藤丸君に撃ち殺してもらおうと思ったのに」「英雄の子が悪魔になる所見たかったなぁ~」と、冷静な口調で言い放った。藤丸は、「何で 何であんたが・・・」って言ったが、スパイダーと自分との関係をどうしても思い出せなかった。

  「一緒に遊ぼうよ、藤丸君」と、意味深な言葉で終わり、来週はいよいよクライマックスですね。それにしても、藤丸の身近にいた存在って・・・

  てっきり、K・安斉真子(徳永えり)かと想像していたけど、どうやら違ったようです。J・神埼潤も意識不明の重体になっていたのに、最後のシーンではピンピンしていたし・・・(どうなってんだろ
  クライマックスは、どういう展開になるのか楽しみです。



・・・・end

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック